漫画「恋愛怪談サヨコさん」関崎俊三 感想

漫画「恋愛怪談サヨコさん」関崎俊三 感想
ネタバレありなので、ご承知の上。

マンガParkにて。完結。全話フリーコインで読めます。
霊が見える体質のサヨコさんが貧乏大学生の稲葉くんに恋をして、の恋愛コメディ。
笑いのセンスが合うのか、すごくおもしろかったです。

サヨコさんは、霊が見える体質&霊力が強く、優しさから地縛霊をみかけると放っておけずに、自分にとり憑かせることで場所にとらわれている霊をどんどん救ってあげています。そのため、サヨコさんに憑いている霊は800体以上で、サヨコさんと接する人に霊障をおこさせてしまうので、普通の人と親しくすることができませんでした。サヨコさんのお母さんはサヨコさんの味方でしたが、霊障のせいで現在は集中治療室で入院中らしく、サヨコさんは霊たちのために友達からも家族からも離れ一人孤独に生きる道を選んでいます。
が、そんなサヨコさんと偶然であった稲葉くんはなぜかサヨコさんと接しても何ともない人でした。

その理由が4話でわかります。稲葉くんの名前は田(でん)というんだけど、名前でイジメられたりしたので自分の名前を嫌がっていたら、祖母が田の時の下に階段みたいなのを書いた霊符に使う形の書き方を教えてくれてそれをじっと見てその力を自分の中におさめる気持ちで静かに鼻から吸って口からはくってことを名前を書いた時に3回やるように、そうすればこの名前が稲葉くんを助けてくれるからと言われ、稲葉くんは小さい頃からずっとそれをやってきた。その霊符の力をずっと体に貯め続けてきたことがサヨコさんの霊障が大丈夫な理由でした。

サヨコさんの霊能力がさまよえる霊を成仏させるんじゃなく、自分に憑かせるというところが、お話的にはミソだけど、実際そんなんだったら大変だよなぁってところ。
サヨコさんは普通の人と接することができない分、自分に憑いている霊たちと日常的に会話していて、霊たちもサヨコさんに恩義を感じて、いろいろとサヨコさんの助けになってくれる。
サヨコさんが稲葉くんのことを好きになって、稲葉くん隣の部屋に越してくるんだけど、それも隣の部屋が空いているのを教えてくれたのは霊たちだし、日々稲葉くんの様子を探ってきて話してくれたりもしている。
お話の中で最初に実際にサヨコさんに憑くことになる、稲葉くんのバイト先だったお店の前で地縛霊になってたパンダの着ぐるみを着た霊(熱中症で死亡)は、この後ずっとサヨコさんと会話をする霊たちの中心人物になる。このパンダと尼さんがいつもサヨコさんと霊たちが会話する時の霊の主要人物で、サヨコさんに助言したり心の中でツッコミを入れたりしてくれる。
パンダの着ぐるみの人は最後まで着ぐるみのままで、中の姿は一度も出てきませんでした。でもそこはイメージが変わっちゃうから貫いてよかったと思う。

 

稲葉くんはメガネをかけてるんだけど、私はメガネは男女どちらも好きじゃないので、メガネなしだったらよかったのに。実際稲葉くんはメガネない方がカッコいい。でもめったにその姿はでてこない。
サヨコさんはかわいくて美人で、控えめで内面もかわいい人で好き。
でもそんなサヨコさんが意外とHな方面にも興味を示すので驚きでもあるけど、おもしろい。
例えば、朝、下着姿で窓を開けた稲葉くんを見かけてしまい、顔を赤らめて恥ずかしがるんだけど、その一方で、稲葉くんの様子を探ってもらっている霊たちは稲葉くんの下着姿以上のものをみているんじゃないかと気付き、自分も見たいので幽体離脱の方法を霊たちに聞く。霊たちの「パンツの向こう側」という表現もイイ。
そして車にあたって幽体離脱に成功して稲葉くんの部屋に行ったらちょうどお風呂上がりで全裸だったので、鼻血ブーしちゃうんですが、稲葉くんが自分の誕生日だけど一人暮らしでまだ友達もいなくて誰にも何も言われないのを寂しがっているのをみて、稲葉くんのことをまだまだ知らないことを反省します。
そして翌日、稲葉くんにお弁当を作って渡して貧乏な稲葉くんはすごく喜ぶんですが、食べる時にお弁当に「一日おくれですがおたんじょうびおめでとう」とノリで書いてあるのを見て、サヨコさんに誕生日を言いましたっけ?と不審がられてしまいます。(2話)

他にも稲葉くんの部屋に行った時に稲葉くんのパンツが置いてあったのをさりげなく持ち帰ってしまうとか(あとで返した)、Hといってもそんな程度のだけど、意外となのでおもしろいです。
それから稲葉くんが大好きでちょっとストーカー気味だったりもします。
そういう部分を全面的に認めて堂々とやっているわけじゃなく、意外と大胆に行動はしてるけど、恥ずかしがったり、言い訳をしたりで、はっきり「裸が見たい」なんてことは言ったりしません。
サヨコさんのそういうところもかわいくて好きです。

そんなサヨコさんが霊たちの助けをえて、稲葉くんと一緒にいようとあれこれするお話です。
このマンガでは心が荒んでしまうと顔がシャクレ顔になってしまうんですが、それが元の顔全く関係なしの別人で、ひどすぎてすごいです。

サヨコさんの気持ちはなかなか稲葉くんに届かず、うまくいかないのが続くんですが、稲葉くんの故郷の初恋の女の子が結婚したという知らせがきて以降、ずっと稲葉くんの心の中にあったその子への恋心に踏ん切りがついて、稲葉くんがサヨコさんを恋愛対象として意識してくれるようになり、霊たちにうながされてサヨコさんの告白へとつながります。

そして無事に二人の気持ちは通じ合って、デートをしてキスをするんですが、キスをした後、サヨコさんの霊力が失われ、白かった(マンガでは白いけどほんとに白いのかよくわからない)髪が黒髪になってしまいます。霊力が失われたので、霊たちとも話せなくなってしまいました。
女性は体や心境の変化で霊力が変わったりしやすいとのこと。

霊たちと話せなくなってしまって悲しむサヨコさんをみて、稲葉くんが決死の覚悟で幽体離脱をし、死後の世界との狭間の世界で修行をして(普通の世界と時間の流れが違うため、長くいてもあまり時間がたっていない)、サヨコさんに匹敵する霊力を身に着け、サヨコさんの代わりに霊たちを自分に憑かせ、霊との仲介役になってあげます。稲葉くんの髪は白髪になりました。

サヨコさんの霊力が戻る方法がないか、いろいろな人に話を聞いてみなさいというアドバイスに従って、ずっと出てきてた占い師の王さんにも話をきき、出産で変化があるかもしれないという話をきく。
そして稲葉くんは、サヨコさんと結婚して家族を作ろう、もしそれで霊力が戻らなくても、サヨコさんと霊たちと一緒にずっといられると思い、サヨコさんにプロポーズし、二人は婚約しました。

終盤、シリアス展開ですが、コミカルな部分はなくなってなくて、このプロポーズの話でも、お互い相手に盛大にごめんなさいをして、断られたと勘違いしてしまうんですが、黙っててごめん、疑ってごめん、のごめんなさいだったとか、断られたってなって砂になって消えていくとか、そういう部分は健在です。

ずっと意識が戻らず入院していたサヨコさんのお母さんですが、稲葉くんが修行後に一緒に連れてきた真っ黒な霊が実はサヨコさんのお母さんで、二人でお見舞いに行った時に無事体に戻って、サヨコさんのお母さんは意識が戻りました。

 

稲葉くんは実家のお寺を継いでサヨコさんと結婚して一緒に暮らします。
6年後、久しぶりの虚無僧さんが訪ねてきます。
稲葉くんは白髪のまま、大人になって更にカッコよくなってました!
サヨコさんは子供を産んでいましたが霊力は戻っていませんでした。
虚無僧さんが知った霊力を戻せるかもしれない方法、霊力の強い人の近くにずっといると霊力が戻るかもしれない、というのを伝えにきたのですが、既にサヨコさんは条件が揃っているので、それでも戻らないならそれも運命かもしれないと思います。
なにかキッカケがあれば戻るかも、例えば出会い頭の衝突と考えていると、未知に迷ったサヨコさんをバイクで迎えに行っていた稲葉くんとサヨコさんが衝突し、サヨコさんの霊力が復活。
白髪に戻り、霊力が戻って霊のみんなの声が聞こえたことに喜びのあまり、稲葉くんも引っ張って大気圏超えの幽体離脱。
そして霊のみなさんも一緒になって、宇宙で、

君に出会えてよかった、みんなに出会えてよかった、ありがとう

とみんなで言い合って涙を流して喜び合い、稲葉くんとサヨコさんがキスをして終わります。


コミカルだけど、基本いいお話なんですよね。
メインキャラはみんないい人だ。
特に稲葉くん、サヨコさんの二人はピュアでいい人で、大団円でよかったねと思いました。

ただ、サヨコさんも稲葉くんもどんどん地縛霊を自分に憑かせることが彼らの救済で、サヨコさんは成仏させる方法がわからないってことだったけど、それじゃあどんどん増えていく一方だし、ちゃんと成仏させて生まれかわらせてあげた方がいいんじゃ・・と思います。
パンダさんとか一部のいつものメンバー以外の人たちは。

<↓コミックの試し読み>